BookLive「ブックライブ」の「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか無料試し読み


中国で飲食ビジネスを成功させるにはどうしたらいいか――。大繁盛ラーメンチェーン「博多一風堂」を率いる河原成美氏が、上海の外食企業と合弁会社を設立し中国にのり込んだのは2003年10月。中国市場に合ったラーメンの新ブランドを展開すべく、苦労を重ねる。第1部では、ひと筋縄ではいかない中国市場の問題点を著者自らの経験にもとづいて具体的、かつ赤裸々に語り、いかに立ち向かったかをつづる。第2部では、上海で活躍する外食企業がどうして繁盛しているかを分析する。得体のつかめない存在、中国は、まさに「ドラゴン」そのものだ。河原氏の体験、分析、そして前向きな思考は、中国進出をめざす企業の参考になるはずだ。



「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか詳細はコチラから



「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE


>>>「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかの購入価格は税込で「462円」になります。




一日一日を大切にしたいなら、空き時間を合理的に活用するようにしなければなりません。アニメ動画の視聴については通勤の途中でも可能なことなので、そういった時間を充当するようにすべきです。
昨今はスマホを利用して楽しめるアプリも、さらに多様化が顕著になっていると言えます。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍や簡単に楽しめるスマホゲームなど、いろんなコンテンツの中からセレクトできます。
既に絶版になった漫画など、お店では取り寄せを頼まなくては手元に届かない書籍も、BookLive「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかという形でたくさん並んでいるため、どのような場所でもDLして閲覧可能です。
漫画好き人口の数は、残念ながら右肩下がりになっている状態なのです。以前と同じようなマーケティングに捉われることなく、積極的に無料漫画などを採り入れることで、利用者の増加を目指しています。
連載期間が長い漫画はまとめて購入しないといけませんので、先に無料漫画で立ち読みするという人が稀ではないようです。やっぱりその場ですぐに書籍を購入するのは敷居が高いのでしょう。




「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかの概要

                    
作品名 「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか
「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのかジャンル 本・雑誌・コミック
「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか詳細 「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか(コチラクリック)
「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか価格(税込) 462円
獲得Tポイント 「一風堂」ドラゴン(中国マーケット)に挑む! 中国に進出した外食企業は何をつかんだのか(コチラクリック)


このページの先頭へ