BookLive「ブックライブ」の『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史無料試し読み


1960年代に中央公論社で起きた、「風流夢譚」事件、「思想の科学」事件(「思想の科学」の発行を請け負っていた中央公論社が「天皇性特集号」を発売せずに断裁処分した後、当該号を公安調査庁係官に閲覧させた事件)、さらにこれらの事件に端を発した「言論の自由」問題をめぐる社内の混乱を、現役社員、かつ当事者という立場にありながら綴った貴重なドキュメント。戦争という大きな犠牲を払ってやっとつかんだ「言論の自由」が、早くもこの時期に崩れ始め、かつ今日のメディアの頽廃と一直線につながっていることを教えてくれる。関連書籍は「風流夢譚」(深沢七郎)、「一九六一年冬「風流夢譚」事件」(京谷秀夫)。



『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史詳細はコチラから



『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE


>>>『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史の購入価格は税込で「359円」になります。




一般的に書籍は返品不可のため、内容を確かめたあとで入手したいと考える人には、試し読みが可能な無料電子書籍は非常に重宝するはずです。漫画もあらすじを確認してから買えます。
スマホで読むことのできる電子書籍は、嬉しいことにフォントの大きさを自分好みに調整することができますから、老眼で本を敬遠しているご高齢の方でも、十分楽しむことができるという優位性があるのです。
購入したい漫画はさまざまあるけど、入手してもしまう場所がないと嘆いている人も多いようです。だからこそ、保管スペースの心配などしなくても良いBookLive『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史の評判が上昇してきているのです。
数多くのサービスを追い抜く形で、ここ数年無料電子書籍というシステムが一般化していきている理由としましては、普通の本屋が減る一方であるということが考えられます。
1冊ごとに本屋に立ち寄って買うのは不便です。だとしましても、一気にドカンと買うのは面白くなかったときのお財布への負担が大きすぎます。BookLive『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史なら一冊ずつ買うことができるので、その点心配無用だと言えます。




『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史の概要

                    
作品名 『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史
『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史ジャンル 本・雑誌・コミック
『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史詳細 『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史(コチラクリック)
『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史価格(税込) 359円
獲得Tポイント 『風流夢譚』事件以後 編集者の自分史(コチラクリック)


このページの先頭へ