BookLive「ブックライブ」の迷宮の扉無料試し読み


金田一耕助の行く所、必ず事件あり。三浦半島巡りを楽しんでいた金田一は、嵐に遭い、竜神館という屋敷へ逃げこんだ。直後、一発の銃声と共に背中を撃たれた男が土間に倒れこんできた。殺された男は、毎年この屋敷の主、東海林日奈児少年の誕生日に、カードを届け、ケーキを切りにくる男だった。莫大な財産をめぐる人々の葛藤をテーマに、完璧なトリックと緻密な構成で描く傑作本格推理、ほか二篇。カバーイラスト/杉本一文



迷宮の扉無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


迷宮の扉詳細はコチラから



迷宮の扉


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE


>>>迷宮の扉の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」迷宮の扉の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する迷宮の扉を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は迷宮の扉を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して迷宮の扉を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」迷宮の扉の購入価格は税込で「496円」になります。




簡単に無料コミックと言われましても、取り揃えられているジャンルは多岐にわたります。若者向けの漫画から大人向けの漫画まであるので、あなたが望んでいる漫画を絶対見つけ出すことができるでしょう。
書籍代は、1冊ずつの代金で見ればそこまで高額ではありませんが、好きなだけ買っていれば、月単位の合計金額は高額になります。読み放題を利用するようにすれば月額料が決まっているので、支出を抑えられます。
ここのところスマホを通じて楽しむことができる趣味も、さらに多様化が顕著になっていると言えます。無料アニメ動画を筆頭に、無料電子書籍や手軽にプレイできるスマホゲームなど、多くのコンテンツの中からチョイスできます。
長い間単行本を買っていたと言われる方も、電子書籍を利用し出した途端に、普通の本には戻れないということがほとんどのようです。コミックサイトも多々ありますから、是非とも比較してからセレクトしていただきたいです。
現在連載中の漫画は数十巻という冊数を買う必要があるため、さしあたって無料漫画で内容を確認するという人が多くいます。やっぱり立ち読みせず書籍を購入するのは難しいことのようです。




迷宮の扉の概要

                    
作品名 迷宮の扉
迷宮の扉ジャンル 本・雑誌・コミック
迷宮の扉詳細 迷宮の扉(コチラクリック)
迷宮の扉価格(税込) 496円
獲得Tポイント 迷宮の扉(コチラクリック)


このページの先頭へ