BookLive「ブックライブ」の愛妻日記無料試し読み


「匿名で官能小説を」という「小説現代」編集部の注文を承けて、表題作を書いた。最初は一度かぎりの企画物のつもりだったが、ハマった。2作目以降は、志願して短編を書き継いでいった。全6編。いずれも、夫婦の物語。官能小説。妻に対する夫のゆがんだ――でも、だからこそまっとうでありうるはずの情欲を描いた。小説の書き手として、これらの物語を僕は欲していたのだろう。今後も夫婦や家族の物語を書きつづけたいから、性から逃げたくなかった、のかもしれない。(重松清)



愛妻日記無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


愛妻日記詳細はコチラから



愛妻日記


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE


>>>愛妻日記の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」愛妻日記の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する愛妻日記を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は愛妻日記を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して愛妻日記を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」愛妻日記の購入価格は税込で「486円」になります。




漫画を購入するなら断然電子書籍という方が確実に増加しています。持ち歩きすることからも解放されますし、収納場所も必要ないからです。プラスして言うと、無料コミックもいくつかあるから、試し読みもできます。
コミック本というものは、読んでしまった後に古本屋に出しても、買い取り金額は微々たるものですし、もう一度読みたいときに読めなくなります。無料コミックを利用すれば、本棚が必要ないので片付けに困ることはありません。
漫画が手放せない人からすると、読了した証として収蔵している単行本は価値があると思いますが、「読むことができればOK」という人の場合は、スマホで読めるBookLive愛妻日記の方が重宝します。
読み放題というサービスは、電子書籍業界においては言わば先進的とも言える試みなのです。購入者にとっても作家サイドにとっても、プラスの面が多いと言えるのではないでしょうか。
BookLive愛妻日記がアダルト世代に人気を博しているのは、幼いときに繰り返し読んだ作品を、新しい気持ちで気軽に鑑賞できるからだと言っていいでしょう。




愛妻日記の概要

                    
作品名 愛妻日記
愛妻日記ジャンル 本・雑誌・コミック
愛妻日記詳細 愛妻日記(コチラクリック)
愛妻日記価格(税込) 486円
獲得Tポイント 愛妻日記(コチラクリック)


このページの先頭へ