BookLive「ブックライブ」の言ってはいけない日本語無料試し読み


世の中は、「間違い言葉」で満ちている。たとえば、「ここで弔電を披露させていただきます」というセリフ。聞き覚えのある言葉だが、「披露」には「おひろめ」の意味があり、おめでたい席にこそふさわしい。これでは、故人も草葉の陰で肩をガックリ落としてしまうだろう。また、本書のサブ・タイトルにもある「あとで後悔しない」というフレーズ。こちらもよく使われがちだが、実は日本語としておかしい。「後悔」はそもそも「あと」でするもので、二重表現となってしまっているからだ。本書は、勘違いされがちな慣用表現をはじめ、敬語や慶弔語の非常識、さらに漢字の誤読まで、「そんな言い方をしていては失笑を買う」という事例を数多く紹介。クイズ形式で楽しみながら、普段何気なく使っている言葉の「なるほど!」が実感できる。巻末には知識の整理に役立つ「間違い言葉早見表」を収録。恥をかく前に、ぜひ読んでおきたい一冊。



言ってはいけない日本語無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


言ってはいけない日本語詳細はコチラから



言ってはいけない日本語


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE


>>>言ってはいけない日本語の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」言ってはいけない日本語の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する言ってはいけない日本語を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は言ってはいけない日本語を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して言ってはいけない日本語を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」言ってはいけない日本語の購入価格は税込で「500円」になります。




「アニメに関しては、テレビで放映中のもの以外見ていない」というのは前時代的な話だと思います。その理由は、無料アニメ動画等をネットを経由して見るという形が流行ってきているからです。
スマホの利用者なら、スグに漫画を閲覧することが可能なのが、コミックサイトの売りです。買うのは単冊ごとというスタイルのサイトや月額料金が固定のサイトなどいろいろ存在します。
実際に放映されているアニメをテレビ番組のスケジュール通りに見るというのは面倒ですが、無料アニメ動画という形で配信中のものなら、ご自身の空いている時間を使って見ることが可能だというわけです。
無料電子書籍を読むことにすれば、どうしようもなく暇で無意味に時間が過ぎ行くなんてことがあり得なくなります。バイトの休み時間や通勤通学時間などにおいても、十二分に楽しむことができるはずです。
雑誌や漫画を含めた書籍を買い求めるときには、ざっくりと中身をチェックしてから決断する人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みしているのと同様にストーリーに目を通すのも容易なのです。




言ってはいけない日本語の概要

                    
作品名 言ってはいけない日本語
言ってはいけない日本語ジャンル 本・雑誌・コミック
言ってはいけない日本語詳細 言ってはいけない日本語(コチラクリック)
言ってはいけない日本語価格(税込) 500円
獲得Tポイント 言ってはいけない日本語(コチラクリック)


このページの先頭へ